悩み

左右の身体の違いに毎日悩み、再建も考えているがためらっている。
3 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【乳房再建について】

新しい乳房をつくる『乳房再建』の方法は、大きくわけて、(1)『自家組織』(自分のからだの一部)による方法、(2)『人工乳房』(インプラント)による方法があります。また再建の時期は、乳房切除術と同時に行う『一期再建』と、切除術後に期間をおいて行う『二期再建』があります。

(1)自家組織による方法
自分の下腹部の組織を使う方法(腹直筋皮弁法)と、背中の組織を使う方法(広背筋皮弁法)があります。

(2)人工乳房(インプラント)による方法
組織拡張器(ティッシュエキスパンダー)を胸の皮膚と筋肉の下に入れます。約3~6ヶ月かけて、組織拡張器に生理食塩水をいれて少しずつふくらませて胸の皮膚をのばします。そして2~3ヶ月後に、人工乳房(シリコンインプラント)に入れ換えます。

(1)(2)の方法とも、乳房の形が落ち着いた頃に乳頭を形成し、さらに少し時間をおいて乳輪を形成します。
以上に示したのは大まかな内容であり、手術方法は医療施設や患者さんの状態によって多少異なる場合があります。

費用に関しては、自家組織移植には、健康保険が適用されます。しかし、人工乳房(シリコンインプラント)を使う場合は、保険適用外(術前検査、手術、入院費とも自費)になりますので、詳細は各医療機関にお問い合わせください。

担当医、形成外科医に、乳房再建について気になること、たとえば手術後の治療とのかねあいや、自家組織と人工乳房の違い(利点・欠点)、などを確認し、相談して決めてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A