悩み

これからの生き方に関して恐怖感にとらわれた。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【こころが少し楽になる方法】

つらい体験が続くと、気持ちは沈みがちになり悲観的な思いにとらわれやすくなります。これは、こころの悲鳴だと思います。気持ちが沈みがちになることも、悲観的な思いにとらわれやすくなることも、患者さん自身が悪いわけではありません。
ただ、こういう気持ちをもち続けていると、こころも重くなってしまいます。少しその重さを軽くするために、こころの専門家(精神腫瘍科医、心療内科医、精神科医、臨床心理士、心理療法士、リエゾンナースなど)、病院の相談室、あるいはご家族にご自身のつらい気持ちを話してみてください。聞いてもらうというのは、こころが少し楽になる方法の一つです。


 
【これまでの人生、これからの人生】

人間は、人生のいろいろな場面で、自分の生と死を考えることがあります。どういう生き方をするかは、なかなか自分の思い通りにはならないものです。ただ、生きる意味は日常生活のさまざまな出来事や人と人とのふれあいの中で意識し、生きているというのはいろいろな場面で感じることができると思います。
患者さんによっては、今まで無意識に過ごしていた時間や出来事の一つ一つが自分にとってかけがえのない大切なものになり、その中で希望を見いだす方もいらっしゃいます。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A