悩み

後遺症で尿管障害があり、おねしょをたまにすることがある。大人なのにおねしょするなんてと落ち込むことがある。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【尿失禁(尿漏れ)は多くの方に見られる】

尿失禁(尿漏れ)は、多くの方に見られる症状です。そして、失禁の程度も様々です。
手術、閉経、加齢、肥満などの影響によって骨盤底筋群が弱くなると、重い荷物をもつ、くしゃみをするなどお腹に力が加わったときに、効果的に尿道抵抗を維持することが難しくなり、尿失禁をおこします。他にも、残尿感があり、膀胱に尿がいっぱい貯まって漏れてしまうなどのタイプがあります。骨盤底筋を鍛える訓練(体操)を行うことで改善がみられる場合があります。
タイプにあった対処法をとることが大切なので、担当医に相談してみましょう。パットを使って、心配や不快感を最小限にして過ごされている方もおられます。
排せつ(排便・排尿)は一日に数回必要なことであり、排せつ行動が思うようにいかないと、日常生活への影響が大きいと思います。また、排せつに関することは、恥ずかしい、不快、情けないといった気持ちにも深く結びついているので、悩みを抱え込みがちになります。しかし、ひとりで悩み続けるよりも、誰かに相談することで、変わるきっかけが得られると思います。


 
参考になるホームページ
NPO法人 日本コンチネンス協会
http://www.jcas.or.jp/
排泄障害に関するさまざまな情報があります。トップページ左側のサイドメニューに、目次項目があります。
『排泄ケアの基礎知識』、『相談案内・Q&A』(よくある相談内容Q&Aも掲載されています)、『排泄用具の活用』などの項目があります。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A