悩み

次々と転移しており、治療のために生きているのかと思うようになった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【治療と生活の調和】

病気を患うと、どうしても通院や治療の予定が優先になってしまいます。家庭での過ごし方によって体調に変化があることから、ゆったりと生活することを第一にし、予定を入れようにも体調によって見通しが立ちにくいと考えるあまり、結果的に生活面に制限が生じます。生活の大部分が、病気と治療で占められていると感じるのも無理はありません。
けれども、病気になったことで、今まで当たり前だった生活の一部、例えば、趣味の時間を楽しむ、家族の助けをするなどが、生活に変化や楽しみをもたらすことを再確認する方も少なくないと思います。
治療を行っていないときは、今の生活でできることに目を向け、生活や気分にメリハリをつけて、治療と生活の調和を見いだすことを心がけましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A