悩み

病気になってからお酒を飲むようになってしまった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【適量にとどめ、別のリラックス法を探す】

適量のアルコールは、緊張をほぐし、心身をゆったりとリラックスさせてくれます。気分転換やストレスを発散したいとき、いろいろと考えて眠れないときに、アルコールを飲むという人がいると思います。しかし、アルコールの効果はあくまで『適量』の場合に限られます。アルコールの摂取量が次第に増えると、肝障害やアルコール依存症などの危険もあります。
この方の場合には「病気になってから」ということなので、病気がわかって気持ちが乱れ、心身の緊張を解放する手段として選ばれたのかもしれません。アルコール以外のリラックス法を試してみましょう。適度な運動や入浴、心地よい香り、音楽など、何でも構いません。自分にあったリラックス法を見つけることが大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A