悩み

昔と違い、かなり怒りっぽくなった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【こころの専門家に相談する】

がんにかかった方の中にも、無事に治療を終えて、社会復帰を果たされる方はたくさんいらっしゃいます。そして、その数は年々増えています。
しかし、がんが命を左右することもある重大な病気であるということは、やはり事実です。
がんと診断されることは、誰にとっても衝撃的な体験です。また、診断に続く治療の過程でも、体調の変化や、厳しい選択の場面が、患者さんに大きなストレスをもたらします。
『怒り』は、そういった厳しい現実に直面するときに生じる、自然なこころの動きの一つです。
あなたの『怒り』は、がんという病気に対して向けられているのかもしれません。
あるいは、理不尽な運命や、自分自身のこれまでの人生に対して向けられているのかもしれません。
そして、『怒り』のやり場が、あなたのすぐ側にいる、身近な人々に向いてしまうことも、よくあるのです。
病気はあなたのこころを敏感にします。ご家族や親しい人々が、あなたを支えたい一心でかけた言葉も、時には白々しく聞こえてしまうこともあります。“誰にもこのつらさは分からない。簡単なことを言うな!”という苦しい想いが湧くこともあるでしょう。
さらにあなたは、周りの人を傷つけてしまったり、前向きな気持ちになれなかったりする自分自身に対して、言いようのない『怒り』を感じてしまうかもしれません。
繰り返しになりますが、こういった『怒り』の感情は、こころの自然な動きです。無理に抑え込むのではなく、あなた自身も、周りの人々も、こころの動揺を理解し、ある程度は受け入れていくことが大切です。
しかし、『怒り』がコントロールできない状態が長く続いたり、『怒り』によって誰かを傷つけてしまったという後悔があなた自身にさらなるつらさをもたらしたりするようであれば、一度、こころの専門家(精神科医、心療内科医、心理療法士など)と話してみてはいかがでしょうか。
こころの専門家をいきなり訪ねるのは敷居が高いと感じたり、どこに行けば会えるか分からなかったりする時には、まずは、担当医や、『相談支援センター』『医療相談室』の相談員に相談してみるのもよいでしょう。
自分の不安や恐怖を人に打ち明けて、助けを求めることができるのは、あなたの弱さではなく、強さであると考えてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A