悩み

なかなか気持ちが前向きにならないことがつらかった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【あなたらしい向き合い方を大切に】

気持ちを前向きに変えることが、もし、自然にできるのであれば、生活に張りあいや生きがいをもたらしてくれるかもしれません。
けれども、もし、“前向きな性格にならなければいけない”という思いがあなたを苦しめるようであれば、それはあなたにとって、新しいこころの負担になってしまいます。
もしあなたが、“病気になったのは自分の性格のせいかもしれない”と思い悩まれているのであれば、そういうことはないので、どうか安心してください。
『どのような性格の方ががんになりやすいか』、『がんになってからどんな風に気持ちを切り替えたら再発を防いだり長生きできたりするか』、ということは、実はまだはっきりとは証明されていないのです。
前向きであることにこだわる必要はありません。問題をきちんと見つめ、正面から立ち向かっていくことだけが『強さ』であるとは限りません。
あなたは、これまで生きてきた中で、人生を左右するような難局にさしかかった時に、どんな風に対処してきたでしょうか。
目をかたくつぶりながら全力で駆けぬけたり、嵐のような時間が過ぎ去るのをじっと待ったりすることで難局をくぐり抜けてきたのであれば、それもまた、あなたが自分の中に育ててきた『強さ』です。
『病気のことをいつもくよくよと思い悩んでしまう』あなたには、ねばり強くものごとを考え、受け止めるための筋道を見つけようとする『強さ』があるかもしれません。
『うっかりすると病気のことを忘れようとしてしまう』あなたには、体や心がつらい時でも、楽しいことや幸せなことを自然に探せる『強さ』があるかもしれません。
あなた自身の性格や人生経験にあった、あなたらしい向き合い方を大切にしてみてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A