悩み

自覚症状があったのに、早期診断を受けなかったことへの反省があった。
5 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【症状があれば、医療機関を受診する】

病気の早期発見や健康増進には、職場やお住まいの市町で行われている検診、人間ドックが有効です。検診や人間ドックは、病気の自覚症状がない人を対象にしており、すでになんらかの症状がある場合は、医療機関で診察、検査を行う必要があります。
がんに特有の症状というのはなく、他の病気でも出現する症状がほとんどなので、医師の診察を受けることが大切です。


 
【がん検診を知る】

がん検診を受けたら、100%大丈夫というわけではありません。検診とはどういうものかをまずきちんと理解することが大切です。
がん検診については、国立がん研究センターがん対策情報センターの『がん情報サービス』のなかに、くわしく説明が書いてありますので、参考にして下さい。

お住まいの市町が実施しているがん検診は、それぞれ日程、対象者、費用などが異なるので、広報などに気をつけたり、問い合わせたりするとよいと思います。
がんの治療後の定期通院は、診断・治療を受けたがんに関連した範囲で行われます。
早期のがんは、ほとんどが無症状なので、自覚症状がなくても定期的に検診などを受けることをお勧めします。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:予防・検診
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/index.html
『予防・検診』のカテゴリーでは、『がんの発生原因と予防』、『がん検診』の情報があります。『がん検診』には、がん検診の目的、がん検診のメリットやデメリット、がん検診の流れ、がん検診の効果とはなどの情報がある『がん検診について』の他、『がん検診Q&A』、『乳がん検診の勧め』、『乳がん検診Q&A』、『子宮がん検診の勧め』、『子宮がん検診Q&A』などの情報があります。
(2)公益財団法人 日本対がん協会:がん・検診について
http://www.jcancer.jp/about_cancer_and_checkup
検診に関する様々な情報があります。がん検診について、検診の種類、検診の目的と効果、検診のメリット・デメリットなどの情報があるほか、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がんなどの検診に関して、検診の意義や目的、検診の方法、検診の流れ、よくある質問などの情報が公開されています。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A