悩み

手術時の生検で確定診断されるまで、マイナス思考に考えがちで悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【生検とは】

『生検』とは、患部の一部を、針を刺して吸引したり、メスなどを使って切り取って、顕微鏡などで調べる検査のことです。生検と同じような意味で、『病理』という言葉が使われることもあります。この検査による診断を病理診断と呼び、細胞をとって診断する細胞診、組織をとって診断する組織診があります。また、手術中の迅速診断、手術で摘出された臓器・組織の診断も病理診断に含まれます。

手術で摘出された臓器・組織は、顕微鏡で病変の性質や広がりなどが調べられ、担当医に病理結果として報告されます。担当医はこの結果をもとに最終的な診断を行い、今後の治療方針の検討を行ないます。


 
【結果を聞くまでは】

診断やこれからの治療に関して、不安を覚えるのは当然かもしれません。気分が落ち込んでいるときには、さらに悲観的なほうに物事を考えたり、過去のつらい体験を思い出したりするものです。

結果を聞くときは、できるだけご家族や親しい方に同席してもらって、一緒に話を聞くようにしましょう。一緒に話を聞いてくれる人がいるのは心強いですし、後で説明の内容を確認しあうことで、理解が深まります。
また、検査の結果は、単なるデータとしていきなりつきつけられるのではなく、あなたのことをよく知っている、生身の医師の口から伝えられるはずです。たとえ厳しい結果であっても、医師はあなたの受容力を推し量りながら、伝え方を工夫してくれるでしょう。また、どうすることがあなたにとって最善の治療方針なのか、一緒に考えてくれるはずです。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A