悩み

初めはがんについての知識がないため非常に不安感が大きく、病院内に専門的に相談する機関があればと思った。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【担当医からの情報を大切に】

情報は、がんと向きあっていくうえで、欠くことのできない大切なものです。
がんの治療や将来の生活に関する情報が不足していると、“これからどうなっていくんだろう”という不安や焦りの原因となります。
しかし、実際に情報を集めはじめると、莫大な量のがんに関する情報があふれていることに気づき、驚かれることと思います。
洪水のような情報に、自分一人の力で立ち向かおうとしても、逆に圧倒され、不安や焦りがかえって増してしまうこともあります。
そんな時には、まず、担当医の話をじっくりと聞いて、わからないことについて質問することから始めるようにしましょう。
がんという病気は、たとえ同じ場所にできたものであっても、性質や状態は人それぞれです。また、体のつくりも、人によって差があります。
あなたの担当医は、そういったあなたの体や病気の特徴を踏まえた上で、適切な情報と助言を提供することができます。担当医からしっかりとした情報提供を受けておくことが、インターネットや本などの、他の情報源を適切に利用するための前提になります。
“担当医はいつも忙しそうで、気後れする”とお感じになるかもしれません。しかし、病気の治療に関する情報を提供し、患者さんの質問に答えることは、医師の大切な職務の一つです。遠慮しないで、あなたの方から積極的にたずねてみましょう。


 
【相談窓口を利用してみましょう】

おかかりの病院に、相談支援センターや相談室があるかどうか、確認してみましょう。がん診療連携拠点病院には、必ず『相談支援センター』が設置されることになっています。
これらの相談窓口では、病気に関する一般的な情報提供を含めて、がんの療養生活全般にかかわる情報提供や相談対応を行っています。
誰に聞けばよいかわからないような疑問や、“人にとっては些細なことかも知れないけれど、私にとっては大切な問題”といった私的なことがらについても、相談員はきちんと受け止めてくれるはずです。
また、“筋道だてて上手に話ができるかどうか自信がない”、“漠然とした不安がある”といった時にも、これらの相談窓口で話をしてみてください。相談員は、あなたと一緒に状況を整理しながら、次に何を目標にすればよいか、一緒に考えてくれるでしょう。
相談の方法には、基本的に、直接相談室に足を運ぶ方法と、電話で相談する方法があります。がん診療連携拠点病院の相談支援センターは、その病院だけでなく、地域全体の患者さん、ご族の支援も担っています。もしおかかりの病院に相談窓口がない時には、お近くの『相談支援センターに、まずは電話で相談してみるのもよいでしょう。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A