悩み

病気以前からつきあっていた彼がいて、恋愛や結婚は難しいのではないか、子供を産むことはできるのであろうかと悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【交際相手との関係】

もしあなたが交際相手との結婚を考えるのであれば、いつかは病気のことを伝えることになるでしょう。
がんを乗り越えて結ばれ、互いに満足しながら結婚生活を続けているカップルもたくさんいる、という事実は、あなたの勇気につながるかもしれません。

交際相手には、病気のことはもうお伝えになっているのでしょうか。
まだ病気のことを伝えられず、“いつ、どんな風に伝えればいいのかわからない”とお悩みになっているかもしれません。
タイミングについては、『これが絶対に正しい』ということはありません。相手があなたのことを心から大切にしてくれている、と感じられた時が、伝えるタイミングかもしれません。交際が深まり、一緒にいる時間が増えてくれば、そんなタイミングを見つけられる機会も増えていくでしょう。
どんな風に伝えるか、ということも大切です。前もって心がまえができていれば、交際相手に話せそうな機会が訪れた時に、ためらわずに伝えられるかもしれません。気持ちを整理するためには、ノートに書きだしてみたり、家族など周りの親しい人に話してみたりすることが役立つことがあります。おかかりの病院の心理職や相談員も、話相手になってくれるはずです。

あなたはもう病気のことを交際相手に伝えていて、その結果、起きたことについて、悩まれているのかもしれません。
例えば、病気のことを伝えた交際相手が動揺し、あなたはその様子を見て傷ついてしまったのかもしれません。
現在、がんは決して珍しい病気ではありません。しかし、病名を聞いて驚いたり、とまどったりする人が、まだ多いことも事実です。あなたが告知を受けて動揺したのと同じように、あなたを大切に思っている交際相手も、病気の事実に心を揺さぶられたのかもしれません。
交際相手にあなたを受け止めていく気持ちがあれば、こういった気持ちの揺れはやがて治まって、いつかはあなたがあなたであることに変わりはないと気づいてもらえるはずです。
また、あなたも交際相手も、互いにどの程度の距離をとっていいかわからず、結果的に相手に対して“よそよそしい”と感じたり、逆に“もっとそっとしておいてほしい”と感じたりしているのかもしれません。関係は二人で作り上げていくものです。あなたの方からも、察してもらうだけなく、『これまでと同じように接してほしい』など、希望を率直に伝えていくことが大切です。


 
【妊娠や出産については担当医に相談】

子どもを産むかどうか考える際には、医学的な情報が必要になります。担当医と十分に話しあうことが大切です。

がん治療の内容によっては、妊娠や出産に影響がある場合もあります。治療の影響は、一時的な場合もあれば、ずっと続くこともあります。
これまで受けてきた治療が妊娠や出産に影響するかどうか、はっきりとわからない場合には、まず担当医にきちんと確認しましょう。また、今後治療を受ける場合も、妊娠や出産への影響を事前に確認するようにしましょう。
さらに、妊娠していると、がんを治療する上で特別な配慮が必要になってくることもあります。

担当医との話しあう時には、パートナーに同席してもらうことも検討してみてください。子どもを産むことは、あなた一人ではなく、パートナーと二人で考えていくことです。
担当医の話をパートナーと一緒に聞くことができれば、後で互いに確認しあうこともできます。また、パートナーの方にも知りたいこと、確認したいことがある場合には、医師に質問することができるでしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A