悩み

自分の病気がすごく悪性ではないのか悩み、手術まで1か月以上あったのでその間がとても精神的に苦しかった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【治療前は、十分な準備を】

患者さんの多くは、「がんは進行する病気」という認識があるため、がんと告知されると、一日も早く治療を始めなければと追い込まれた気持ちになります。
しかし、急激に大きくなるがんもないことはないのですが、多くの場合、何年もの時間を経て大きくなっているといえます。ですから、早期発見、早期治療といっても慌てず、治療方法を十分に理解し、自分で納得して治療を受けることが大切です。


 
【つらい気持ちを抱え込まずに外に出す】

不安が強く、とてもつらいとき、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れ動く思いを話してみましょう。つらいこころのガス抜きをすることは、気持ちを楽にします。
また、何かに集中する時間というのも良いかもしれません。映画をみる、趣味があればそれをやってみる、スポーツをする、友人と会う、何でもかまいません。意識して、忘れようとするのではなく、何かに集中していると、後で“あのときは病気のこと忘れていたな”と感じるかもしれません。最初から、“忘れるために”ではなく、自分がこれまでに気持ちが落ち込んだり、いらいらしたり悩んだりしたとき、行ってみて成功したやり方を試してみましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A