悩み

本当に初期のものであるのか手術が終わるまで不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【結果が出てから考える】

治療方針というのは、病気を特定し、病気の状況・からだ全体の状態を見極めて、決めていきます。ですから、治療を始める前に、担当医はいろいろな角度から慎重に検査を行って診断をし、その患者さんにとって最善の治療は何かを検討します。
ただ、確かに、術前の検査では見えなかったリンパ節転移や他の転移などが、手術時肉眼で確認することで、明らかになることもあります。また、手術が終わると、手術で切り取った部分の組織について十分に検査を行います(病理組織検査)。特に切り取った組織の端の部分(断端部)にがん細胞がないかもみていきます。ですから、最終的な結果は、手術後の病理組織の結果待ちということになります。
手術後の結果が出るまでは、不安な気持ちはなくなりにくいかもしれませんが、そういうときには、一つ一つ自分が乗り越えてきたこと、(つらい検査も大切な検査だからとがんばった)、(合併症予防のための呼吸訓練もしっかり行った)、等を思い出してみましょう。これらは、あなたががんと診断された後に、自分の力で乗り越えてきたはずです。またできるだけ気分転換したり、何かに気持ちを集中させてみましょう。
最終結果が良い結果にしても、予想より悪い結果にしても、その時点にならないと、具体的なことは見えてこないものです。今できること、行わなければいけないことをまず1つ1つ行っていきましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A