悩み

がんがどこまで進んでいるか、転移していないか不安だった。
18 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【具体的にできることに眼を向けましょう】

まず、こういうときには、目の前の具体的な問題、やらなければいけないことに目を向け、一つひとつ片付けていくようにしましょう。具体的な目標を持つことは、不安なこころをやわらげることにつながります。そして、それは自分自身のために自分ができる大切な事柄だと思います。

がんという診断がついた後、病気やからだ全体の状況を把握し適切な治療を決めていくために、検査をすすめている段階や、診断がついてから治療のための入院を待っている期間などは、様々な不安が起こります。検査には予約が必要な場合もあり、検査と検査のあいだがあいたり、検査結果が出そろって担当医から説明があるまで、時間がかかることがあります。がんと告げられたことで、どうしても悪い方へ悪い方へと考えてしまいがちです。
不安から、様々な情報を入手しようとされたりする方もいらっしゃいます。ただ、状況がわからないうちは、こうして入手した情報は、自分の病気の状況に照らし合わせた情報ではなく、○○がんの一般的な情報にとどまったものにすぎません。患者さん自身の病気の全体像がはっきりしないうちにそういった情報を読んでいると、悪い情報ばかり眼につきがちです。

手術の場合、術前の検査では見えなかったリンパ節転移や他の転移などが、手術時肉眼で確認することで、明らかになることもあります。また、手術が終わると、手術で切り取った部分の組織について十分に検査を行います(病理組織検査)。特に切り取った組織の端の部分(断端部)にがん細胞がないかもみていきます。ですから、最終的な結果は、手術後の病理組織検査の結果待ちということになります。
手術後の結果が出るまでは、不安な気持ちはなくなりにくいかもしれませんが、そういうときには、一つひとつ自分が乗り越えてきたこと、(つらい検査も大切な検査だからとがんばった)、(合併症予防のための呼吸訓練もしっかり行った)等を思い出してみましょう。これらは、あなたががんと診断された後に、自分の力で乗り越えてきた事柄のはずです。またできるだけ気分転換したり、何かに気持ちを集中させてみましょう。
最終結果が良い結果にしても、予想より悪い結果にしても、その時点にならないと、具体的なことは見えてこないものです。結果がでるまでは、今できること、行わなければいけないことをまず一つひとつ行っていきましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A