悩み

治癒の可能性について、医師に質問し難く不安だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【自分の気持ちを振り返ってみる】

“医師には質問しにくい”とあなたがお感じになっている理由について、考えてみましょう。お悩みの文面から、2種類の可能性があるように思います。

考えられる理由の一つは、医師に対して感じている気持ちです。
もしあなたが“医師が勧めてくれている治療法に疑問をぶつけるのは申しわけない”と感じているのであれば、遠慮しないで、きちんと質問することが大切です。医師があなたに治療法を勧める時には、何かしらの理由がそこにあるはずです。ただ、医師の頭の中にある目標と、あなたが期待している目標が一致しているかどうかは、きちんと確かめてみるまでわかりません。
また、医師とコミュニケーションをとること自体に問題を感じているような状況であれば、一度、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談員に話をしてみるとよいでしょう。

考えられるもう一つの理由は、治癒の可能性について確かめることを、あなたの方で避けようとしているのかもしれません。病気が深刻なものだとお感じになっているのであれば、そういった気持が意識的、無意識的に働くのは、とても自然なことだと思います。
病気の今後の見通しについて、“知りたい”という気持ちと“知りたくない”という気持ちがこころの中でせめぎ合うことは、よく起こります。そういう時に大切なことは、家族や友人、病院のスタッフなど、信頼できる相手に気持ちを打ち明けてみることだと思います。話す中で、自分自身の気持ちに気づき、次に何をすればよいか見えてくることもあります。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター がん情報サービス:がん相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm
がん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを病院名や地図などから探すことができます。概要リストで、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号、対応時間などを確認できます。また、施設ごとの相談支援センター名を押すと、電話番号や受付時間、相談方法、相談員の職種、就労支援の状況、ピアサポートなどさらに詳しい情報を確認することができます。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A