悩み

検査はいつまで受けるのか、身体には影響ないのか心配。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【担当医に確認しましょう】

あなたの担当医は、これまでの診療経緯を検討し、本当に必要なものだけに絞って検査を実施しているものと思われます。
がんの検査では、ごく微量ながら放射線を使ったり、体内に器具や薬物を入れたりする場合もあります。検査は、情報を得ることによる診療上の利益が、からだへの負担や危険を考慮しても、十分に大きいと考えられる場合に限って実施されます。

あなたが現在お受けになっている検査には、目的や理由がきちんとあるはずです。心配であれば、担当医に『この検査は何のために受ける検査ですか?』、『いつまで受けるんでしょうか?』と質問されてみてはどうでしょうか。
検査の内容や今後の予定を知っておくことは、あなたが主体的にがんの治療に参加するためにとても重要です。遠慮しないで、ぜひ確認してみてください。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A