悩み

現在行っている薬物療法は有効なのかと心配だ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【担当医に確認しましょう】

あなたの担当医は、何かしらあなたの体にとってよい影響があると予測したので、現在受けている薬物療法を提案したのだと思います。治療を実施した結果、どのような効果があがっているか、ということについては、担当医に確認してみてください。その時に大切なことは、治療の目標は何なのか、それがどの程度達成されているのか、担当医と共通理解を作っていくことです。受け身で説明を聞くのではなく、わからない点や、もっと詳しく知りたい点については、あなたの方から積極的に質問するようにしましょう。
薬物療法の効果が検査で確認できるようになるまでには、多少、時間がかかる場合もあります。結果がわかるまでの時間は、不安のほか、“もっと何か効果的な治療法があるのではないか”という焦りのような気持ちも出てくるかもしれません。
一般的には、がんの薬物療法では、くすりの効果と副作用のバランスを厳密な研究で確かめた上で、最適な投与法が決められています。ただ、こういった科学的な事実とは別に、“頭ではわかっていても、こころがついていかない”というお気持ちになることもあるかと思います。
不安や焦りを感じたときには、早めに病院のスタッフに打ち明けてみてください。話すことは、それ自体、こころの中のつらい部分のガス抜きになります。また、必要に応じて、こころのケアの専門家を紹介してもらうことにもつながるでしょう。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A