悩み

手術後の体力が回復するのか心配があった。
5 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【手術などの治療によって体に起きる変化】

病状や受ける治療の内容によっては、一時的に体力が落ちたり体の機能が低下したりすることがあります。
あなた自身の場合に、具体的にどういったことが予想されるか、ということについては、担当医によく話を聞いてみることが大切です。

たとえば、
○ 具体的な問題として、どういったことが起こると予想されるのか。
○ 生活する上で、どのようなことを心がければよいのか。
○ 低下した体力や体の機能が回復するのに、目安として、どの程度の時間がかかるのか。
など、あなたの気になることがらについて、担当医によく確認しておきましょう。

そして手術後退院の際には、生活面で気をつけておくべきことや、体の動かし方に関する注意点を、担当医や看護師にもう一度よく聞いて、確認しておきましょう。


 
【できる自分を見つけましょう】

一般に、手術などの治療によっていったん低下した体力や体の機能は、時間が経つにつれて徐々に回復していきます。
手術後のリハビリテーションは、病院のスタッフの指示を守り、無理せず、こつこつと続けるようにしましょう。ただ、人の体には個性があり、必ずしも担当医の予想通りに体力が回復するとは限りません。
そんなときには、焦りは禁物です。
以前と異なる自分を感じたとき、“がんになる前は・・・”とか“手術をする前は・・・”など、無意識に過去と比較してしまいがちです。大切なことは、『できる自分』に気づき、自信を取り戻すことです。
手術を受けた直後に比べれば、ずっと回復し、いろいろなことができるようになってきたはずです。気持ちが沈んだときには、そのことをまず、思い出してみましょう。


 
【焦らずに自分のペースで】

最初に予想していた通りのペースで回復しない時にも、焦る必要はありません。
焦りがつのったり、気持ちがゆれたりした時には、ちょっと一休みしてみましょう。
そして、あなたが目標とする『階段』の先の方ではなく、これまであなたがどれだけの高さをのぼってきたか考えてみましょう。
病気の治療直後には、できるはずがない、と諦めていたことのうちのいくつかは、今はもう、できるようになっているのではないでしょうか。自信を持ってください。
そして、思い描いていた『普通の生活』とは少しちがうかもしれませんが、新しい『自分らしい生活』のイメージも、少しずつ見えてきたのではないでしょうか。
時間が経つことで、あなたの体力は少しずつ回復します。それと同時に、あなたのこころもまた、新しい状況を受け止めるための力をつけていくはずです。
時間はあなたの味方です。自分のペースで、一日一日を積み重ねていきましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A