悩み

抗がん剤治療で、吐き気、脱毛、精神不安定になる人もいると言われ、自分をコントロールできなくなることでの周りの人への影響が心配で怖かった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【抗がん剤治療へのイメージ】

抗がん剤治療というと、髪が抜ける、吐くなどの副作用のつらいイメージ、体に負担がかかりそうなイメージが先行しがちかもしれません。けれども、現在では、できるだけ副作用を抑える工夫や対応が行われています。
また、同じ薬であっても、患者さんによって副作用の種類や程度は異なります。
副作用は、抗がん剤の影響で起こっているので、たとえば吐き気や食欲不振などの症状は、抗がん剤が体の外に出て、薬の影響がとれてくれば改善してきます。

抗がん剤治療で大切なことは

○抗がん剤治療中の自分の体調の変化を理解する
○診察時に症状の変化や気になる点を整理して、担当医や看護師に伝える
○何かつらいことがあったり、不安なことや困ったことがあれば、担当医や看護師などに相談する
○副作用を予防したり、副作用によるつらさを軽くするための工夫をする
○生活のリズムを調整する
○体がつらい時は、ご家族などにサポートをしてもらう

などです。

治療は患者さん一人で受けるものでも、医師が勝手に行うものでもありません。患者さんと担当医などの医療スタッフ、患者さんをいろいろサポートしてくれるご家族や友人など、患者さんと患者さんを取り巻く人々との協働作業です。


 
【医療者やご家族に思いをうちあけ相談してみましょう】

治療がつらいと感じるとき、からだのつらさだけではなく、こころもつらさを感じています。抗がん剤治療は、長期間続くため、先の見えないつらさを感じたり、いったん改善してきた吐き気などが次の治療で再び起こってくることでのつらさや疲弊感を感じることもあります。
つらさはそのままにしておくと、出口が見つからず、よけいにからだにもこころにも影響を与えます。
一人で悩まないで、担当医や看護師、相談窓口などで相談してみましょう。また、あなたが今つらい状態にあるということをご家族に伝えることも大切です。家族や周囲の人に迷惑や負担をかけたくないという思いから、我慢して無理をしてしまうことがあります。けれども、早く対応策を考えたほうがつらさがひどくなるのを防ぎ、周囲の人々にとっても安心できるでしょう。
また、人に伝えることで、からだとこころのサポートを得ることができます。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A