悩み

自分の身体がどうなってどんな痛みを伴い死んでいくのか、それに耐えられるかとても心配だった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【痛みや苦しみをやわらげる『緩和ケア』】

痛みを含め、患者さんが感じているつらさを総合的にやわらげるサポートがあります。
このような総合的なサポートのことを、緩和ケア(緩和医療も緩和ケアとほぼ同じ意味です)と呼びます。
緩和ケアを受けると、薬をはじめとするいろいろな方法で、痛みや不快感を取ったり、軽くしたりすることができます。
がんが原因となる痛みをやわらげる治療の基本となるのが、『WHO方式がん疼痛治療法』です。WHO方式がん疼痛治療法は、一定時間ごとに痛みの強さに応じた薬を飲むことを基本とする治療法ですが、適切に実施すれば、8割から9割の患者さんで、がんの痛みを取ることができると言われています。
さらに、WHO方式がん疼痛治療法でやわらげることができない痛みや苦しみに対しても、さまざまな治療方法が工夫され、着実に成果を上げつつあります。
『緩和ケア』は、がんと診断されたときから、いつでも受けることができます。たとえ病気が進んでも、体の痛みをやわらげることは可能です。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター がん情報サービス:緩和ケア病棟のある病院を探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/xpPalliativeSearchTop.xsp
緩和ケア病棟のある病院について、病院名から探す、地図から探すなどの検索方法で探すことができます。
また、医療機関名をクリックすると、その病院の診療案内の概要や連絡先などが掲載された基本情報があり、『緩和ケア』の項目では、緩和ケア外来、緩和ケア病棟、緩和ケアチームの設置状況、さらにそれぞれ詳細情報も掲載されています。緩和ケア病棟の詳細情報では、病棟の形式、病床数、病棟設備、入棟の受け入れ状況などの情報が掲載されています。
(2)特定NPO法人 日本ホスピス緩和ケア協会
http://www.hpcj.org/
日本ホスピス緩和ケア協会のホームページです。ホスピス緩和ケアの解説やホスピス緩和ケアを受けられる医療機関一覧などがあります。サイドメニューに、『ホスピス緩和ケアをご利用の方に向けた情報』があります。
『受けられる場所を探す』では、『ホスピス緩和ケア病棟』、『緩和ケアチーム』、『在宅ホスピス緩和ケア』の3項目で、それぞれ受けられる施設(医療機関)を探すことができます。
その他に、『ホスピス緩和ケアQ&A』(ホスピス緩和ケアに関することをQ&Aで情報提供しています)、『ホスピスってなあに?』(冊子PDF版)などホスピス緩和ケアに関する情報があります。

 
【担当医にこれからのことをたずねてみる】

がんは、たとえ同じ場所にできたものであっても、性質や状態は人それぞれです。また、人の顔つきが一人ひとり違うように、体の中の状態も人によって個性があります。
あなた自身の病気のことや、体の状態について、一番確実な情報を持っているのは、あなたの担当医にほかなりません。
人から聞いたり、本やテレビを見たりしたことで、あなたは“がんになると、いずれはこんな痛みや苦しみが出るのではないか”といったイメージをお持ちなのかもしれません。
ですが、そういった話の中には、信頼性の低い、うわさ話のようなものもあります。また、たとえ信頼のおける情報であっても、あくまで一般論に過ぎず、あなた自身の病気や体の状態に当てはまるとは限りません。
不確かな情報をもとに、一人で悩んでいると、どうしても悪い方へ、悪い方へと考えが進んで行きがちです。
自分の体に起きるかもしれないことについて、あらかじめ知っておきたい、という気持ちがわいてきたときには、担当医に率直に聞いてみるのが一番です。
その時には、将来出てくる可能性がある痛みや苦しみだけでなく、担当医がそれに対してどういった対処法を用意しているか、ということを一緒に教えてもらうと、安心できるでしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A