悩み

片肺で一般的な生活ができるか心配だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【治療後の生活】

肺の構造ですが、右肺は上葉、中葉、下葉の3つの肺葉、左肺は上葉と下葉に分かれています。肺を切除する方法にはいくつかありますが、肺葉の一つか二つを切除することを肺葉切除、片方の肺すべてを切除することを片肺全切除と言います。
肺切除の術前と退院時における呼吸機能を比較したところ、肺葉切除では術前の70~80%程度の低下、片肺全切除した場合には術前の約半分の低下と報告されています。
手術後に残る肺をできるだけ多くしたいですが、一方で悪いところを十分に切りとる必要があります。医師は、病気の進み具合、患者さんの肺や心臓などの機能を調べて、合併症、年齢などを総合して、残る肺の働きが支障ないように、手術の適応と切除範囲を検討します。
医師からは、患者さんの体の状態、治療の必要性と方法、合併症の可能性、他の治療の効果などについて説明があります。
一般的な生活と言っても、イメージする内容には幅があるので、患者さんのこれまでの生活の様子を伝えたり、気がかりなことは具体的に質問したりするとよいでしょう。
治療後の生活について、患者さん、家族、医療者が共通の認識をもつことが大切だと思います。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A