悩み

手術後の骨シンチ検査で異常が出たため、再発や転移ではないかと不安があった。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【骨シンチグラフィ】

骨シンチグラフィは、一度に全身の骨の検査ができるという利点があります。しかし、どの検査も万能ではありません。
骨シンチグラフィは、骨の代謝の反応や変化が強いところに集まる性質をもつ放射性医薬品を注射して、3,4時間待って撮影し、画像化したものです。
製剤は、骨の転移に集まるわけではありません。骨折など良性の病気でも、異常ありという結果になり、病気の鑑別が必要になります。
骨転移が疑わしい場合は、単純レントゲンやMRIなどの検査を追加します。
医師は複数の検査結果から総合的に判断します。


 
【検査結果を聞くまでは】

検査結果を聞くまでは、つい悪い方へと考えがちになり、不安や心配は大きいと思います。この不安や心配は、悩みで書かれているように、結果がでるまで完全にとれることはありません。
ただ、これは気持ちの切り替え方ですが、結果がでるまではできるだけ気分転換をしたり、何かに気持ちを集中させたりして、検査結果のことは考えないようにしましょう。
もし、悪い結果が出たとしても、その時は、担当医が一緒にどうしたらよいのか考えてくれます。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A