悩み

ペースメーカーを入れると体力はつくが、定期検診のたびにMRI等が受けられず転移がわからなくなったら困るので不安である。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【MRI検査: 金属が体内にある場合】

MRIは、強力な磁気を利用して検査を行うので、心臓ペースメーカ-、頭蓋内動脈クリップなどの金属が体内にある場合には、撮影できないことがあります。金属の材質によっては、可能な場合もありますので、「体内に金属がある」または「どういう金属か分からないが過去にそのような手術をした」という場合には、医師に伝えてください。

検査には利点と欠点があり、医師は、患者さんの状況から、適切な検査を選び行います。つまり、どの検査を一番に行うか、その結果が疑わしければ、どの検査を追加するか、どの検査の組み合わせがよいかと考えて、選択します。
病気の部位、患者さんの状況によっては、MRI検査より有用な検査がある場合が考えられます。また、ひとつの検査だけではなく、複数の検査結果を総合して診断するので、他の検査に代えても、総合的な診断には影響がない場合も考えられます。

あなたのからだと生活の全体にとって、どちらを選んだ場合に利点が大きく、望ましいのか、担当医にご相談ください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A