悩み

再発・転移などの心配。心の中にはなんとなく不安があり、ちょっとした体の変化でも気になり仕方がない。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【ふとしたきっかけでがんを意識してしまう】

このような思いは、どんな患者さんにも起こりうることです。周囲の方は「神経質になりすぎているのではないか」とか「そんなことばかり考えてないで、元気をだしなさい」と言ってしまいがちです。しかし、がんという病気は、神経質にもなりますし、体調が変化すると、すべてがんに結びつけて考えがちになってしまうのです。だから、これは特別なことではありません。


 
【「ねばならない」にとらわれない】

「忘れようとしているが、頭の片隅から離れない」とありますが、この思いは、多くのがん体験者の方が同じように感じていることです。7,885人のがん体験者の方が参加されたこの悩みの調査でも、半分以上の方はこころの問題を抱え、不安のなかで一番多かったのは、『再発・転移の不安』でした。この再発・転移の不安は、病状や治療などに関係なく抱いている方が多いということも、調査の結果わかりました。
忘れようと自分に強いることは、自分自身がつらくなり、自分を追い込んでしまいます。“誰もが皆そうなんだ。忘れようとしても忘れられないのは当たり前なんだ”というように、自分を責めずに、そういった不安が自分のこころにあることをそのまま認めましょう。


 
【つらい気持ちを抱え込まずに外に出す】

不安が強く、とてもつらいとき、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れ動く思いを話してみましょう。つらいこころのガス抜きをすることは、気持ちを楽にします。
また、何かに集中する時間というのも良いかもしれません。映画をみる、趣味があればそれをやってみる、スポーツをする、友人と会う、何でもかまいません。意識して、忘れようとするのではなく、何かに集中していると、後で“あのときは病気のこと忘れていたな”と感じるかもしれません。最初から、“忘れるために”ではなく、自分がこれまでに気持ちが落ち込んだり、いらいらしたり悩んだりしたとき、行ってみて成功したやり方を試してみましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A