悩み

温存術を受けたが、残った部分が再発するのではないかと不安がある。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【がん体験者の多くが再発や転移の不安を抱いている】

2003年度に、8千人近いがん体験者の方々の悩みや負担の大規模全国調査が実施されました。その結果を整理したところ、半分以上の方がこころの問題を抱え、不安の中で一番多かったのは『再発・転移への不安』でした。この再発・転移への不安は、病気の段階に関係なく抱く方が多いということも、調査の結果わかりました。
がんと診断されたことで、さまざまな思いが頭をよぎると思います。考えまいとしても、一人になったときや、静かな夜にふっといろいろなことを考えてしまう・・・これは誰もがいろいろな場面で体験することかもしれません。とくに不安というのは、その対象が漠然としています。ここにあげられている再発や転移への不安も、たとえ医師が、「あなたは、初期で完全に治りますよ」と言っても、それでも不安になってしまうことはあると思います。


 
【「ねばならない」にとらわれない】

がんと診断された後のこころは、治療を待つ間、治療中、治療終了後と本当に大きく揺れ動き、不安定になります。でも、その一方でこころの中は、何とかそのショックや動揺、つらさ、不安定さを落ち着かせようとがんばっている状態です。
患者さんにとって、周囲の人からの「がんばれ!」という言葉が負担になってしまうことは、こころの中も同じです。こころがとてもつらいときには、自分自身への「がんばれ」も禁物です。つまり、「悪い方へ悪い方へ考えてどうするんだ、がんばらなきゃ」「家族の前でつらそうな様子は見せられない」というように、“こんな自分ではいけない”、“忘れなければいけない”、“考えないようにしなければいけない”と、常に「ねばならないんだ」と思ってしまうと、自分で自分を追い込むことになってしまいます。


 
【つらい気持ちを抱え込まない】

不安が強く、とてもつらいとき、自分の気持ちを受けとめてくれる人、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れる思いを聴いてもらうことも気持ちを楽にします。一人でつらさを抱え込まないで、周囲の人に話してみましょう。泣いてしまってもかまいません。
また、口にしなくても、ふっと自分を心配し気遣う周囲の人々の思いが感じられたとき、一人ではない、と感じて温かい気持ちになれます。そんな時間が、ほんの少しでも気持ちを楽にしてくれると思います。


 
【自分なりの対処方法が見つかります】

不安が強い時、精神的に不安定な時、どうしたらよいかということに対して、はっきりした答えはありません。それぞれ自分なりのやり方があります。
どうしたらよいか考える時、自分が今まで同じようにつらい出来事に遭遇した時、どうしたかを思い出してみましょう。人によっては何かに集中したり、そういう時間が少しでもあるとほんの少しでも楽になる時があります。泣けるようなテレビや映画をみて、思い切り泣いたという人もいます。スポーツをした人もいます。仕事に集中した人もいます。病気や治療について、一生懸命に調べて情報を集める人もいます。
自分が過去に行ってみて成功したやり方を試してみましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A