悩み

更年期症状が続いたが、ウォーキング等でストレス発散を心がけている。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【さまざまな身体の不調や違和感】

更年期障害の症状は、顔のほてり、発汗、いらいらなど多様です。卵巣摘出やホルモン剤治療の影響、閉経期という年齢の影響などによって、卵巣機能が低下してホルモンのバランスが乱れ、さまざまな身体の不調や違和感が起こります。
症状がひどい場合は、担当医にご相談下さい。


 
【ストレスの対処法を見つける】

『ストレス解消法』という言葉がありますが、完全に解消することは難しく、むしろ、ストレスと上手に付き合っていくという気持ちで対処法を見つけることがよいと思います。
対処法は、これが絶対によい、というものがあるわけではありません。ストレスの感じ方が人それぞれ異なるように、対処法も人それぞれです。
つまり、自分なりの方法を見つけることが大切になってくるのです。たとえば、体を動かすことで対処する方もいれば、家の中で読書しているほうがよいという方もいるでしょう。
自分とストレスの関係を理解した上で、自分の気分や体調によって使い分けられるように、いくつかの対処法をもっておくと役に立ちます。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A