悩み

昨年、不整脈から一過性の脳梗塞を併発し、血圧のことで毎日悩んでいる。7種類もの薬を飲まなければならない現況に困惑している。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【医師の指示に従って】

血圧をコントロールすることで、脳や心臓、血管の病気を防ぐことができると言われており、医師から生活習慣の改善や薬の服用の指示があったと思います。
血圧は、運動したり、精神的に緊張したりすると上がり、安静にしてリラックスすると下がるといったように、生活のなかで変動しています。
血圧を指摘されて間もない頃は特に“どのくらいの範囲ならよいのか、気にすることが逆に血圧を上げているのではないか” と感じておられるかもしれません。

規則正しい生活、つまり、適度な運動、バランスの取れた食事、リラックスする時間をもつといったことは、病気の有無や種類にかかわらず大切です。自身でコントロールできる生活習慣と、それにともなう体内部の変化が、両方つかめてくれば、よい状況をつくりだしやすくなります。
生活の様子を医師に具体的に伝えると、より的確な助言がもらえると思います。疑問点は医師に相談し、指示に従うようにしましょう。治療の効果がみられ血圧が落ち着いてくれば、薬を変更したり、量を減らしたりすることが可能な場合もあります。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A