悩み

胃切後の2年間で胆のう炎、胆石、胆管炎を患った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【胃がん術後の胆石症】

胃がんの術後、胆石症を発症することがしばしばあります。
症状がなければ経過観察をし、痛みや炎症などがあれば、胆のうを切除する手術を行います。
胃の手術の際、胆石症の予防として、胆のうを切除する医療施設もあります。
胆のうは、胆汁という消化液を濃縮して蓄える袋の役割をしており、胆汁は、肝臓でつくられています。胆のうをとっても、日常生活に支障がみられることは通常ありません。
手術による後遺症や合併症に関して、不明な点は、担当医にご相談ください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A