悩み

会社と家の農作業で、体は元気で一生懸命働いているが、こんなに働いてもいいのだろうかと、ふと心配になる。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【活動の効果・影響】

一般に治療後は、活動を控えようという意識が働きがちです。しかし、担当医から運動制限の指示がなく、からだに不調や疲労を感じることがなければ、特に今の活動を狭める必要はないでしょう。体を動かすことで、体力維持・増進の効果がありますし、こころの面でもよい影響がもたらされると思います。
治療後間もない時期は、治療の影響による体力の低下や、これまでの活動量が少なくなっていることが考えられるので、徐々に活動を増やすようにしてください。また、現状の活動量から増やしていくときも同様です。
そして、疲れを感じたら、それ以上無理せず早めに休息をとることや、体調にあわせて、活動を調整することを心がけてください。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A