悩み

放射線治療による色素沈着(赤みや黒ずみ)が、なかなか消えない。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【放射線治療中・治療後のケア】

放射線の治療を行っていると、放射線をあてている部位に炎症が起こり、粘膜が荒れたり皮膚の症状が出てくることがあります。これらの症状は治療の後半になるにつれ強くなります。皮膚の障害は、治療が終われば徐々に改善してきますが、粘膜症状等は改善してくるまでに時間がかかることがあります。
副作用症状は放射線をあてている部位、放射線のあて方によって異なりますし、個人差があります。どこの部位にあてるとどういう副作用が出てくるかは、あらかじめ予測することができます。そこで、できるだけ症状が強くならないように、対応していくことができます。皮膚障害をできるだけ起こさないように、あるいは悪化させないようにするためには、放射線治療中のセルフケアが大切です。

放射線治療中は、照射部位に対しての刺激(物理的刺激や化学的刺激)を避け、清潔を保つようにします。
◎石けんやシャンプーなどは、刺激の少ない無香料や弱酸性のものを使用する
◎入浴やシャワー時には、照射部位はこすらずに石けんなどで洗い流すようにする
◎照射部位に軟膏やクリームをつけたり化粧品をつけない(放射線治療で皮膚の荒れがひどいときの軟膏などは担当医にご相談下さい)

また、放射線治療中・治療後とも気をつけなければいけないことに、直射日光があります。外出時、肌が露出する部分に放射線をあてていれば、日傘、帽子、長袖の上着などを使用し直射日光を避けるようにしましょう。
先にお話したように、皮膚障害も個人差があります。日焼けしたときにも、赤くなってそのまま元に戻る人、黒くなる人などがいると思います。同じように色素沈着も個人差があるといえます。黒ずみが消えるまでに1年以上かかることもあります。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A