「がん体験者の悩みQ&A」では、2003年と2013年に実施した全国調査結果を整理して構築したがん体験者の悩みデータベースを公開しています。このデータベースに基づき、がん体験者の方々の悩みや負担をやわらげるための助言や日常生活上の工夫などの情報ツールの作成等を行っています。
なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、お近くの「がん相談支援センター」をご利用ください。

悩み

痛みがあり、夜眠れない。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【痛みは我慢しない】

痛みが続くと、からだがつらいだけではなく、気持ちが不安定になり、物事をしっかり考えられなくなったり、動くのが嫌になり日常生活や社会生活にも影響がでてくることがあります。また、寝不足の状態が続くこと自体、からだによいことではありません。
がまんせずに、痛みを人に伝え、痛みをやわらげていくことを考えましょう。


 
【自分の痛みを評価して人に伝える】

がんによって起こる痛みに対しては、様々な薬が用いられるようになってきています。それぞれの患者さんの痛みに対して、どういう薬や方法を使うのが一番良いかを判断するためにも、患者さん自身が痛みを評価して人に伝えることが大切です。
痛みには個人差があり人によって感じ方もつらさも異なり、人には伝わりにくいときがあります。まずは、ご自分の痛みについてよく知り、それを評価してみましょう。どういうときに痛みが強くなるのか、どのあたりが痛むのか、言葉で表現するとどういう痛みなのか(きりきり、ずきんずきん、ずしーんなど)、痛み止めを使っているとしたらその効果はどうなのか、といったことです。
これらを医師や看護師に痛みの状況として伝えることが治療の第一歩になります。


 
【緩和医療について】

現在では、からだの苦痛だけではなく、こころのつらさ、社会的な問題によるつらさなどを含めて総合的に、患者さんやそのご家族のつらさをやわらげるサポートが行われています。これは、『緩和ケア』、『緩和医療』と呼ばれ、いろいろな薬や治療法(この治療法というのは、がんを治す治療ではなく、がんによる苦痛をやわらげる治療法です)、ケアの方法が考えられています。そして、様々な専門の職種の人々が関わっています。
緩和ケアは、終末期だけに行うものではありません。WHO(世界保健機関)の定義に、「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな(霊的な・魂の)問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の質)を改善するためのアプローチである。」 とあるように、がんと診断された早期から、またがんの治療の過程においても痛みなどの症状の緩和が行われます。
痛みを我慢せずに、担当医に伝えましょう。なかなか痛みがとれないようであれば、痛みの専門家を紹介してもらってもよいでしょう。医療機関によっては、ペイン(痛み)外来や緩和ケア外来があり、専門家が担当医と協働しながら症状のコントロールにあたっているところもあります。緩和ケアのある医療機関については、下記をご参照ください。


 
参考になるホームページ
(1)日本ホスピス緩和ケア協会
https://www.hpcj.org/
『ホスピス緩和ケアをご利用の方に向けた情報』に、『受けられる場所を探す(ホスピス緩和ケア病棟、緩和ケアチーム、在宅ホスピス緩和ケア)』があり、ホスピス緩和ケア病棟や在宅ホスピスケアは、都道府県ごとにまとめられ、その施設のホームページへのリンクもあります。在宅ホスピス緩和ケアでは診療所や訪問看護ステーションの概要やどのような職種のスタッフがいるかなども確認できます。
また、ホスピス緩和ケアQAなども掲載されています。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:がんの相談
https://ganjoho.jp/public/institution/consultation/index.html
『がんの相談』のページで、がんの相談窓口「がん相談支援センター」の説明やがん相談支援センターを探すへのリンクがあり、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。
(3)緩和ケア.net
http://www.kanwacare.net/
緩和ケアとはどのようなものか、緩和ケアの医療費について、緩和ケアに関する動画などがあります。

 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A