悩み

腸閉塞でたびたび入院した際のイレウス管挿入が死ぬ思いで嫌だった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【腸閉塞(イレウス)とは】

腸管に通過障害が起こり、腸の内容物が滞ってしまうのが腸閉塞(イレウス)です。排便や排ガスがなくなり、腹痛、おう吐、腹部膨満などの症状が出現します。
腸閉塞が起こる原因は、いくつかあります。お腹の手術を受けた人の場合に、腸がゆ着して起こることがありますし、高齢者であれば、強度の便秘といった原因も考えられます。
原因や症状の程度によって、治療法は異なりますが、基本的には、絶食、点滴と、鼻からチューブを挿入し腸管を減圧する治療を行います。鼻からチューブを入れるとき、痛みがないように麻酔のゼリーを使い、レントゲンで腹部を確認しながら、腸までチューブを入れて留め置きます。
腸閉塞の治療で、とても苦しい思いをされたと思います。
普段の生活において、腸の動きを促すには、決まった時間に規則正しく食事をとる、体調が思わしくないときには消化のよいものをとる、適度に体を動かすといったことがよいと聞いておられると思います。
お腹の手術後、腸のゆ着によって腸閉塞を起こしたことがある方は、便やガスの状態、お腹の張りを観察して、食事の内容を調整するなどの工夫がさらに必要になります。腸閉塞の予兆には個人差が大きいので、自己判断せずに、早めに病院に行くことも大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A