悩み

朝からからだがだるく、このまま弱っていくようで心配。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【やりたいことに体力を使う】

「疲れやすい」「からだがだるい」「気力がわかない」といった倦怠感が生じる原因は、強い身体症状、治療による体力の消耗、食欲不振による栄養状態の低下など様々です。
倦怠感を生じる明らかな原因がある場合は、それを取り除いたり、軽減したりすることが第一です。この点については、担当医にご相談ください。
日常生活では、一般に、体力の低下を感じると、活動を制限しがちです。けれども、安静にしすぎるよりも個々の体力に合った活動を取り入れることで、エネルギーの生産と消費の歯車がかみあって回り、体力を維持することができます。
体力にあわせて、やりたいことを考えてみて下さい。最低限、身の回りのことをしたい、そして余裕があれば手芸をしたい、買い物に行きたいなど、人によって異なります。
次に、1日のなかでも体調に波があるので、やりたいことのために日課の調整を考えてみます。やりたいことの前後に休息をとるのもよいでしょう。こうやって、やりたいことを優先して活動してみると、以前よりいくぶん体とこころが軽くなっているかもしれません。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A