悩み

胃の手術後、退院して2日めに、足の静脈血栓をおこし、10日間入院を余儀なくされた。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【血栓症の予防】

深部静脈血栓症が起こる要因として、いくつか言われていますが、そのひとつに、手術中・後の長時間の安静により、血液の流れが滞ることが挙げられます。
下肢の静脈の血管に血液の固まり、つまり血栓ができると、流れていった先の血管をつまらせる場合があります。もし重要な臓器である肺などの血管をつまらせると、生命に関わってくるので、血液をサラサラにする薬などを飲んで治療します。
下肢の深部静脈血栓症の予防として、ベッド上安静で足を自由に動かすことができない時も、足首を動かしたり、下肢全体に力を入れたりしてみましょう。足の指や足裏を曲げるように、あるいは、下肢をベッドに押しつけるように、力を入れたりゆるめたりすると、筋肉が収縮し、血液の流れが促されます。術後早期からリハビリテーションをしたり、歩いたりすることは、血栓症の予防としても効果的です。また、水分をよく摂るようにしましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A