悩み

口内炎で食事で悩んでいる。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【口内炎を悪化させないための生活管理】

口内炎は、抗がん剤の直接作用で粘膜が破壊され粘膜の再生が妨害されて起こす場合と、抗がん剤治療による骨髄抑制で白血球低下時の局所感染によって起こす場合があります。

口内炎を完全に防ぐのは難しいのですが、適切な対処を行っていけば、症状がひどくなるのを防ぐことができます。

◎口の中を清潔に
毎食後、寝る前など、歯、歯肉、舌などの口の中をきれいにしましょう。歯ブラシは柔らかめのブラシで、また刺激の少ない歯磨き粉を使いましょう。口内炎ができていてしみるときは、歯磨き粉をつけず水だけでもかまいません。口があきにくいときなどは、毛の部分が小さい歯ブラシを使いましょう。口内炎がひどく歯磨きができない場合も、できるだけ口の中をきれいに保つために、うがいは続けましょう。
◎口の中の乾燥を予防
口の中を常にしめらせておくようにします。水などのペットボトルを準備して水分を摂取したり、氷片をなめたりしましょう。
◎口の中を観察し異常を早期発見
抗がん剤治療開始後は、洗面時などに口の中の痛みや粘膜が赤くなったり白くなっているところはないかなど観察し、異常があれば受診時に医師や看護師などに伝えましょう。
◎刺激のあるものは避ける
香辛料や酸味の強い食品、喫煙、アルコールなどは避けましょう。また、機械的刺激になりますが、入れ歯があわないときには粘膜が傷つく原因になりますので、歯科医に相談しましょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A