悩み

がん以外の病気を持っているので、その病気とがんとの関係が不安である。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【それぞれの医師に話をしておきましょう】

がんとがん以外の病気がどういう関係にあるか、また、複数の病気にかかっていることが治療方針や療養生活にどういった影響を及ぼすか、ということについては、いろいろな場合が考えられます。あなたの場合にどうであるか、ということは、担当医に確認してみてください。
複数の医師にかかる場合には、それぞれの医師に、どのような病気で他の医師にかかっているか、受けている(受けてきた)治療や飲んでいる薬など、あらかじめ伝えておくことが大切です。病気の影響は思わぬ形で出てくることもあるので、体の調子や症状で何か気になることがあれば、『こちらの病気には関係ないだろう』と決めつけずに、その都度きちんと医師に伝えておくと安心です。
がんという病名が相手に与える印象のことを考えて、病気のことをできるだけ人に伝えないようにしている患者さんもいます。ですが、医療者は、がんであることであなたに悪いイメージを持つようなことはありませんし、他の誰かにそれを無断で伝えるようなこともありません。
がんという病名を口にすること自体を、つらいとお感じになるかもしれません。けれども、がんの病状や治療の経緯によっては、がん以外の病気の治療方針にも影響が出てきます。あなたのからだのことを考えると、医師に情報を伝えておくことがとても大切なのです。
がんと向きあっているいま、ほかの病気のことも考えなければならない、という状況は、体の面でも気持ちの面でも、大変つらいことだとお察しします。
病気や治療に関する医学的な相談は、担当医とすることになりますが、生活面の相談や気持ちの面のサポートは、おかかりの病院の『相談支援センター』や『医療相談室』の相談員も力になってくれるはずです。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A