悩み

しばらく寝たきりだったので、自分の体がどの程度回復するか、以前のように歩けるようになるか不安。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【寝たきりによる障害】

安静の程度、言い換えると、どの程度、体を動かしていたかによって違うのですが、安静によって筋力は、1週で10~15%低下してしまいます。低下の速さに比べ、回復には時間がかかり、1週間の安静による体力低下を回復するには、1ヶ月かかると言われています。
運動しないことによって、筋肉が薄くなり、骨からカルシウムが溶け出し、関節の動きも滑らかでなくなります。動かすと痛みが生じるので、動かさないでいると、さらに筋力が低下するという悪循環になります。


 
【リハビリテーションを継続する】

ベッド上で安静が必要なときでも、関節を動かさないで筋収縮の運動を行うことで、筋力の低下を最小限にすることができます。関節の運動を始めるときは、ひとつの動作をゆっくり丁寧に行います。体や筋力の回復をみながら、段階を追って、足踏み運動、歩行訓練へとリハビリテーションを進めていきます。個人の状態に適したリハビリテーションの方法については、医師や理学療法士、看護師に確認してください。
1週間前と比べて、ほぼ横ばいと思うときもあるかもしれませんが、リハビリテーションは、継続することでよい効果がみられます。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A