悩み

術後のつっぱりや痛み、しびれのため、寝返りが自由にできない。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【楽な姿勢を工夫する】

寝返りは、眠っているうちに体の重みがかかって特定の部分の筋肉が疲労したり、血液の循環が悪くなったりするのを防ぐ生理的な現象です。
体のある部位にしびれなどがあると、適度に寝返りをうつことができずに、血液循環や筋の働きが障害されて、だるさがあったり、日中の体の疲れが取れにくく感じたりすると思います。
就寝中の体の圧迫や血液循環の偏りをただすために、枕やクッションを使って、腕を支えるとよいでしょう。上向きで寝るときには肩と腕を少し高めにし、横向き(手術した側が体の上にくるように)で寝るときには枕を抱くようにすると楽かもしれません。ご自分の体にあった楽な姿勢を工夫して下さい。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後、このコンテンツ(情報のなかみ)に役立たせていただきます。

なお、個別の回答やご相談は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

【がん相談支援センター】
お困りごとやご相談がある方は、
●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

【このコンテンツの評価】
※このコンテンツは役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

【このコンテンツへのご意見・ご感想】
注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A