悩み

しびれや痛み等のため、夜十分に睡眠がとれず、悩んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【原因や程度にあわせて選択します】

患者さんの場合、症状や心配事があって、睡眠がとりにくくなることがあります。
睡眠を整えるための方法には、薬を使う方法、環境を整える方法などがあり、それぞれ考えられる原因や程度に合わせて選択します。
痛みやしびれが原因で眠れない場合には、痛み止めなどの薬が適切な場合があります。
睡眠薬は、医師の指示で正しく使えば安全で、「くせになる、だんだん効かなくなって量を増やさないといけない」というのは誤解です。
睡眠は、昼間の活動による疲れを回復させて、エネルギーを蓄える働きがあります。それぞれの患者さんの体とこころの状況に応じた活動と休息がとれるよう、担当医にご相談ください。


 
【自分で痛みを評価して、人に伝える】

痛みは個人差があり、主観的なものなので、伝わりにくいものではありますが、伝える時の工夫も必要だと思います。それは、ご自分で痛みについてよく知り、人にわかりやすく伝えるということです。

1. 痛みを整理してみましょう
(1) どういう時に痛みが出てくるのか、あるいは強くなるのか
例)歩いているとき、動き始めるとき、からだの向きで、からだをひねったとき、重いものを持ったとき、など
(2) どのへんが痛むのか
例)創(きず)跡全体、の創(きず)左側の奥の方、など
(3) どのくらい痛むのか
例)数字で表してみる
0-10の数字で表す(0: 全く痛くない.........10: 耐えられないくらい痛い)
一日のうち、時刻の変化を数字で表してみる
(4) どんなふうに痛いのか
例)きりきり痛い、ずきんずきんする、時々ぴりっと電気が走るよう、など
(5) 痛み止めを使っていればその効果

2.痛みがあることで、生活のどういうことに困っているか
例)家事ができない、食事がとりにくい、洗濯物をほしたり、布団をあげられない、など


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A