悩み

術後のリハビリの進め方等、どうすればよいか不安だった。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【身のまわりの動作もリハビリテーション】

手術後、運動機能の回復を促すため、早期から、リハビリテーションを開始します。リハビリテーションのはじめは動かすと痛いこともありますが、元の生活に近づくことを目標に、手術の状況や体の回復に合わせて行います。言い換えると、リハビリテーションのゴールは人によって異なります。
入院中のリハビリテーションは、医師、理学療法士や看護師の指導のもと、簡単な動作から行いますが、身の回りの動作もリハビリテーションになります。例えば、上肢の手術を受けた方には髪の毛を整える動作、下肢の手術を受けた方は洗面やトイレまでの歩行がリハビリテーションのひとつになります。状況をみながらリハビリテーションの難易度を上げていきますが、退院後も機能の向上、維持のために、リハビリテーションを続けることが大切です。リハビリテーションが順調に進まない、痛みが強いなどの悩みをお持ちだった患者さんに、当時のことを聞いてみると「今思えば、焦らなくても大丈夫だった。進み具合は人それぞれ」と話されます。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A