悩み

放射線肺炎で息切れ、咳がでて、仕事が続けられるか不安になった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【早めに病院を受診する】

肺を照射部位に含む放射線治療を受けた方は、特に治療後の数ヶ月、発熱や咳、息苦しさ、だるさなどの症状に注意して下さい。もし、症状がみられたら、早めに病院を受診することが大切です。
放射線治療をするにあたって、効果だけでなく、できるだけ副作用を起こさないことを考えて、計画を立てています。放射線治療の副作用の可能性は、照射部位・量のほか、患者さんがこれまで受けた治療や合併症などの影響によっても異なります。あなたの場合の放射線治療の副作用の可能性や、注意すべき点について、担当医に確認するとよいでしょう。
症状の程度や仕事内容(活動量)によっては、休養、治療が必要な場合もありますので、
仕事に関して不安があれば担当医と相談しながら決めていきましょう。
また治療後3ヶ月ぐらいは、まだ体力は戻りきっていないと考え、十分な休養と栄養を心がけてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A