悩み

治療後、時間がたっても体力がもとにもどらず。疲れやすいため、悩んでいる。
4 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【体力の回復】

治療などによって、体力の予備力も少なくなり、体力低下を感じるかもしれません。どの程度の活動なら大丈夫なのか、どのくらいで回復するのかが分からないために不安もあります。
体力の回復には、患者さんの体力、治療の内容などが関係します。したがって、体力の回復にかかる時間は人によってさまざまです。患者さんが治療前にどのような生活を送っていたか、これからどのくらいの活動を行いたいと思っているかによって、目標となる活動量が違ってくるでしょう。
患者さんが「だいたい元の生活に戻りました」、「治療後の生活に慣れました」とおっしゃるのは、半年から一年ぐらいが多いように思います。
治療によっては機能障害が生じて、生活の仕方の変更を余儀なくされることもあるかもしれません。体力の回復を促すと同時に、これまでの生活習慣を見直したり、新たな生活をつくりだす必要があると思います。
回復の途中であっても、患者さん自身が現在のからだの状態をきちんと把握し、体力に見合った範囲で日常生活を工夫、調整することが大切です。適度な活動をすることで体力もつき、毎日を積極的な気持ちで過ごすことができると思います。ただ、疲れを感じたときは早めに休みをとり、無理をしないようにしましょう。
また、からだがつらいときには気持ちもマイナス方向を向いてしまいます。からだのつらさをできるだけ取り除くこと、こころのつらさをためこまないことが大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A