悩み

食道(咽頭・喉頭)の手術後、縫合部が狭くなり、のみこむのが難しく(えん下困難)、時々つまってしまい、おう吐するなどの症状に悩まされた。
2 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【よく噛んで食べる】

食道がんの手術後、食べ物の通り道が変更されることや吻合部の狭窄により、飲み込みにくさを生じることがあります。自身の体調にあわせて、食べる量や食事にかける時間の調整、食物の選択、調理の工夫などをしていく必要があります。
食事のときは、椅子に姿勢よくすわり、ゆったりとした気持ちで食べるようにしましょう。なぜなら緊張によって、むせが起こりやすくなるからです。
そして、つまる、ひっかかる、逆流することを防ぐため、よく噛んで食べ、一口ごとにゆっくり確実に飲み込むことが大切です。
口の中でよく噛むことで、食物は小さくなり、唾液の分泌が促進されます。食物と唾液がよく混ざって飲み込みやすくなるほか、唾液腺や消化器から分泌される酵素の働きが活発になり、消化が助けられます。


 
【食べやすくなる工夫】

(1) 水分が多くやわらかい、口当たりのよい食品をとりましょう。
(2) 少量の油脂類を加えると飲み込みやすくなります。
(3) あんかけやソースにからめるなど、水分にとろみをつけると食べやすくなります。
(4) 誤嚥の心配がある時は、食品の形態や水分に注意が必要です。(増粘剤などを利用しましょう)


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A