悩み

抗がん剤で、便秘、吐き気、下痢、食欲不振などに悩んでいる。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【体調の変化をみながら対処し、自分のペースで生活リズムをつくる】

抗がん剤治療時は、使用する抗がん剤の種類、組み合わせなどによって、生じる副作用は異なります。また、吐き気や食欲不振、便秘、下痢などはそれぞれが影響し合って症状が出てきます。たとえば、吐き気が強いと食事が食べられなくなり、食事量や水分量が減り便秘の原因になったり、横になった状態が続くと腸の動きが悪くなって便秘になることがあります。
ただ、抗がん剤治療による便秘、吐き気、下痢、食欲不振などの副作用は時期がくれば落ち着いてきます。治療前、治療中、治療後の体調の変化を見きわめながら、症状に対して自分ができることを整理し、自分のペースで生活のリズムを作り出していくことが大切です。


 
【吐き気と食欲不振について】

◎ 吐き気や食欲不振が強い時期は無理をせずに、『食べられるときに食べられるものを食べる』ようにしましょう。そして、吐き気や食欲不振がやわらいできた時期には、少し栄養のバランスや食事量のアップを意識して食事をしてみましょう。
◎ 吐き気には、抗がん剤を投与してから24時間以内に起こる急性おう吐、24時間以降に出現してくる遅発性おう吐、以前の記憶や経験によって生じる予測性おう吐の3つの種類があります。
自分の場合は、どういうパターンで吐き気やおう吐が出現するのか、どういうときに、吐き気が強くなるのか、食べやすい食事は何かなど、体調の変化を日を追って整理してみましょう。食事についても、食べやすかったもの、食べると吐き気を催したものなど、毎日の食事内容と吐き気との関連を同じメモに残しておきましょう。
たとえば、食事の時間になるとむかむかしてくる、ごはんのにおいでむかむかする、香水などのにおいで吐き気が出てくるなど、どういう状況で、吐き気が出たり、強くなるのかを整理することで、そのきっかけをつくらないように工夫できることもあるでしょう。また、自分なりの食べやすい食事を整理すれば、時期にあわせて食事面での工夫ができるかもしれません。
◎ 吐き気・おう吐は、緊張や不安などの精神的な面が誘因となることがあります。精神的な緊張を取り除き、リラックスした気持ちでいられるようにしましょう。


 
【便秘と下痢について】

◎ 抗がん剤治療による下痢は多くの場合、腸粘膜の傷害によるもので、抗がん剤を投与後数日たってから出てきます。もう一つは、コリン作動性と考えられているもので、抗がん剤投与開始後24時間以内に起こり、持続時間も比較的短いものです。
◎ 下痢がひどいときには脱水症状に注意が必要です。
◎ 下痢や便秘の際には、下痢止めや緩下剤などのお薬を併用したほうが良い場合もあります。担当医や看護師にご相談ください。
◎ 下痢がひどいときに下痢止めを飲んだら便秘気味になり、緩下剤を飲んだら下痢になったというように、お薬でのコントロールがうまくいかないときには、担当医や看護師に相談してみましょう。
◎ 便秘に対しては、一般的には、食物繊維の多い食品をとる、水分補給を心がける、適度な運動を行い腸蠕動を促す、おなかをマッサージするなどが試みられています。
ただし、抗がん剤治療で吐き気や食欲不振が強いとき、まただるさが強いときなどは無理をせず、できることを行っていきましょう。
◎ 便意がなくても毎朝、朝食後(胃ー結腸反射が起こりやすい)にトイレに行き排便を試みてみましょう。食事が食べられないときでも、毎日決まった時間にトイレに行く習慣を身につけましょう。


 
【消化器症状で食事のメニューに悩んでいるとき】

吐き気や食欲不振、便秘や下痢があってどういうメニューにしたらよいか悩んでいるときには、参考になるホームページに掲載している『SURVIVORSHIP.JP』が役立つかもしれません。メニューやレシピを症状にあわせて絞り込んで閲覧することができます。


 
参考になるホームページ
(1)SURVIVORSHIP.JP:抗がん剤・放射線治療と食事のくふう
http://survivorship.jp/meal/
『SURVIVORSHIP.JP』は、静岡がんセンターと大鵬薬品工業(株)との共同研究の成果による情報支援ツールの一つで、治療によって生じるつらさをやわらげるくふうなどの情報提供を行うサイトです。
『抗がん剤・放射線治療と食事のくふう』は、抗がん剤や放射線治療中の食事に役立つメニューやレシピを副作用症状に合わせて検索、閲覧することができます。176品のレシピが掲載され、ジャンル別絞り込みでは、主食(米、パンなどの種類別)、主菜(肉、魚などの種類別)、副菜、汁物、デザートと飲み物などで絞り込みもできます。
(2)国立がん研究センター がん情報サービス:がん経験者の栄養と運動のガイドライン
http://ganjoho.jp/public/support/dietarylife/survivor.html
米国対がん協会が2012年に公開した「がんサバイバーのための栄養と運動のガイドライン」第4版のまとめ、がん体験者の食事についての研究状況、ガイドラインの活用方法など、主に食事と栄養、運動など生活習慣に関する関する情報があります。
(3)国立がん研究センター がん情報サービス:代替療法(健康食品やサプリメント)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html
がん情報サービスの『診断・治療』>『がんの治療方法』のなかに、代替療法のページがあります。代替療法(食事療法、サプリメントや健康食品、鍼灸、マッサージ療法、心理療法と心身療法など)の有効性と安全性についてどのように判断したかという、アメリカのハーバード大学の研究グループの報告が紹介されています。

 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A