悩み

唾液がいまだに出づらい。長く話をすると、粘稠な唾液で口の中がねばねばして、気持ち悪い。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【唾液の働き】

治療の影響で、唾液をつくり、分泌する唾液腺がダメージを受ける場合があります。
唾液は、口の中を湿らせて、会話をスムーズにしたり、食物をかみ砕いて飲み込みやすくします。また、口の中を清潔にし、味覚を助ける働きがあります。

唾液腺は、自律神経の影響を受けます。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、主に交感神経は緊張や興奮状態のときに働き、副交感神経はリラックスしているときに働きます。交感神経が刺激されると粘っこい唾液が、副交感神経が刺激されると、さらさらした唾液が多く出ます。唾液の分泌を促進するのは、副交感神経になりますが、意識して自律神経を働かせることはできません。
緊張を感じたときには、交感神経の勢いが強くなっているため、唾液の分泌量は少なくなります。緊張やストレスを減らすことは、実際にはなかなか難しいので、飲料を携帯し水分をしっかり摂るなどして対処しましょう。口の中の乾きがひどい場合は、保湿剤や唾液をだすお薬もありますから、担当医や歯科医師に相談してみてください。また、市販されているノンアルコールタイプの洗口液などを活用するのも効果的です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A