悩み

ホルモン剤の使用(内服薬・注射)によって体重が増加し、悩んだ。
22 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【食事と運動】

女性ホルモンの薬の作用によって、食欲が増し、体重増加が起こることがあります。
すべての患者さんに起こるわけではなく、体重増加がわずかで気にならないという方もおられます。
医師は、副作用よりも、薬の効果のほうが大きいと考えて、続けて薬を処方していると考えられますが、体重維持の具体的な対策について、患者さんにお伝えしていないかもしれません。
体重を維持するには、食事と運動が要になります。
食事は、エネルギーの摂りすぎに気をつける必要がありますが、同時に、バランスがとれていることが大切です。
食事のバランスを見直すときに、役立つものとして、『食事バランスガイド』などがありますので、参考にして下さい。
また、生活に取り入れやすい運動としては、30分程度のウォーキングがあげられます。関節に負担がかからず、比較的全身を使う運動としては、自転車や水泳などが適切だと思います。これまでに運動習慣がない方も、気分転換を兼ねて、体を動かしてみることをおすすめします。


 

ご意見・ご感想

よりよい情報提供を行うために、ご意見やご感想をお寄せください。
いただいた評価やご意見・ご感想は、今後の[がん体験者の悩みQ&A]のコンテンツに役立たせていただきます。なお、個別の回答は、仕組み上できかねますので、お困りごとやご相談がある方は、下記「がん相談支援センター」をご利用ください。

●静岡県内の方は、
静岡がんセンター「よろず相談
もしくは、静岡県内のお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
●静岡県外の方は、
お近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター
にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他

注)自由記述欄への個人情報のご記入はご遠慮ください。


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A