悩み

放射線治療時に少々のふらつきと吐き気があった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【放射線治療による全身のだるさ】

放射線治療が始まった直後から数日以内に、船酔いや二日酔いのような感じ、体のだるさ、頭痛などがみられることがあります。
全身に照射したときに起こりやすいですが、腹部やその他の部位でも起こることがあります。全般に、このような症状が現れる頻度は少ないですが、個人差があります。
治療を開始して最初にみられる症状ということで、心配に思われるでしょうが、これらの症状は、治療が進むにつれ、軽くなっていきます。睡眠をとったり、吐き気止めを使ったり、食事の工夫を試みたりして、症状をやわらげることができます。
体調の変化や程度に合わせて対応していきますので、担当医、看護師に伝えてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、静岡がんセンター「よろず相談」、もしくはお近くのがん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」にご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A