悩み

その頃テレビで医療ミスの事件が多く報道され、私も点滴を打っていたので、自分のものか名前を確認したり、薬がいつもと一緒か番号を調べたりして、病院を100%信用していなかった。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【医療機関内の安全管理体制】

医療事故、医療安全に対する社会の関心の高まりとともに、医療機関内の安全管理体制が整備されてきました。医療事故の防止には、医療従事者個人の知識・技術の向上と、病院組織全体の機能の向上が重要であることは言うまでもありません。
事故の事例を示して、医療従事者の注意を促すだけでは、事故防止に不十分であり、組織的な教育と管理体制によって、医療の安全性の向上を目指しています。具体的には、起こった事故のみならず、もしかしたら事故になりかねなかった、事故に至るまえに気がついたが間違いをおかしやすい事例の収集と分析を行ったうえで、頻度や重大性に基づいて対策をとる院内組織が設けられています。医薬品、医薬材料、医療機器などの形態や管理、診療などの教育・指導体制、作業手順、医療従事者間の情報伝達などの全般にわたって、改善点を検討、実行し、そして再評価するという医療安全対策の取り組みを行っています。
一方、医療従事者と患者さんが情報を共有することで予防できた例もあることから、患者さんも医療の安全に対する意識を高めて、参加することが大切です。例えば、注射のとき、氏名確認を求められたら、姓・名を答えるなどです。はっきり聞こえていないのに「はい」と返事をしてしまっては、確認になりません。疑問、曖昧な点があった場合には、きちんと説明や確認を求めることが大切です。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A