悩み

抗がん剤治療中、副作用について悩んでいたが、病棟内が暗い雰囲気であることに一層落ち込んだ。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【環境と、病状や回復への意欲】

環境の良し悪しが、気持ちや体にも影響を及ぼすことは、私たちの日常の生活で経験するところです。ですから、病院内の環境は、病状や回復への意欲に影響があると言えるでしょう。
環境には、光(照明)、色、音、温度・湿度などが関係すると考えられますが、「暗い雰囲気」ということは、特に、光(照明)、色が関係しているのかもしれません。光(照明)については、例えば処置時と睡眠時では必要な照度が異なり、大部屋の場合はそれぞれの患者さんの病状と環境全体を考え、調整する必要があります。窓側の患者さんがベッド周囲のカーテンを閉めることで廊下側が暗くなり、また、患者さん同士が話しかけにくいために、一層暗い雰囲気を感じてしまう場合があります。
色については、病棟内の壁や床、カーテンなどを新しくする際、色の効果を考慮に入れて、選択されるようになってきています。色の効果は、患者さん自身の寝衣や身の回りの持ち物に好みの色を取り入れて、やすらぎを得たりすることに利用できるでしょう。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A