悩み

大部屋は、同室の人に本当に神経を使うので、もう少し患者のプライバシーが守られたらと思った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【共同生活を快適に】

大部屋には、病気が違ったり、いろいろな治療の段階の患者さんがいらっしゃいます。
プライバシーを確保したいときには、カーテンでベッドを仕切ることができます。しかし1日中閉めたままでは、廊下側のベッドに光が入らないという不都合もあります。共同生活なので、テレビの音はイヤホンで聞いたり、お見舞いに来られた方とは談話室で話すなどの配慮が必要になります。また病室で、医師から検査結果や病気の説明を聞きたくない場合は、そのことを伝え、希望に沿うように調整してもらいましょう。

大部屋・個室どちらにも長所と短所があり、大部屋の患者さんから「同室の患者さんにこれから受ける治療の体験談を聞いて、励まされた、アドバイスが役立った」といった声を多く聞きます。

1日の過ごし方や性格も1人ひとり違い、読書をしたい人、みんなでおしゃべりを楽しみたい人などさまざまです。病室以外で過ごす時間をもつのもよいかもしれません。病室を不在にするときは、声をかけるかメモを残しておきましょう。大部屋では、同室の方への配慮はもちろん必要ですが、自分なりの日々の過ごし方も大切にし、入院生活をできるだけ快適に送りましょう。


 
【個人のプライバシーに関することがら】

悪気はなくても、話のきっかけのように、病名や治療、家族のことまでいろいろと聞いてくる人もいるようです。けれども、これらは個人のプライバシーに関することがらなので、自分が答えたくなければ答える必要はありません。「病気のことは、先生にまかせているので。」とはっきり断ってかまいません。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A